平岡電気株式会社 > 会社案内 >会社沿革
会社沿革
創設当初の平岡電気、昔の仕事風景、旧社屋、旧社屋落成時の平岡安次と松下幸之助
1877年 明治10年、初代・平岡治平が久留米市通町15番地にて
綿糸・綿製品の卸業を創業。
1896年 初代平岡治平死去により二代目・平岡治平が17歳にして事業を継承。
板硝子、硝子製品、石油ランプ等の卸業に進出する。
1911年 電灯の普及により、電気の将来性を先見し、
いち早く電気事業に乗り出す。
九州における電気関連事業の草分けである。
1918年 松下電器製作所(現:パナソニック株式会社)創立と同時に西日本地区(九州、中国、台湾、朝鮮)の総代理店となる。併せて、東京芝浦電気株式会社(現:株式会社東芝)の代理店ともなる。特に自転車ランプの販売に情熱を傾け、その販路は九州、中国地方のみならず遠く台湾・朝鮮にまで及んだ。なお、故松下幸之助氏との交誼は松下電器製作所創立以来のもので、三代目・安次とは公私にわたる親交が続いた。
1921年 硝子製品卸業を止め、電気器具卸業に専念する。
工業電気設備、一般電気配線工事材料も取扱品目になる。
1939年 12月、法人組織として平岡電器合名会社を設立。
1952年 3月、家電製品販売部門を分離し、
久留米ナショナル電器販売(株)を設立。
1953年 6月、クレジット販売部門を分離し、
久留米ナショナルクレジット(株)を設立。
1965年 8月21日、平岡電気株式会社を設立。
平岡電器合名会社の業務を一切引き継ぎ現在に至る。
1968年 11月、設備関係部門を分離し、
久留米ナショナル住宅設備機器(株)を設立。
1971年 4月、大牟田営業所開設。
1976年 11月、久留米市東櫛原町871に新社屋完成。
1978年 9月、通信機、特機部門を分離し、
久留米ナショナル通信特機(株)を設立。
1981年 9月、大川営業所開設。
1987年 10月、水道部門、八女、瀬高、営業部門を分離し
八女市に(株)ヒラオカを設立。
1988年 9月、平岡電気の電気通信・空調システム等の
テクニカルサポート部門として(株)アトリエ21を設立。
1989年 福岡支店開設。
1990年 6月、久留米ナショナル住宅設備機器(株)は、九州全域合同し
九州ナショナル設備機器(株)久留米営業所となる。
1997年 4月、玉名営業所開設。
1997年 10月、福岡南営業所開設。
2004年 11月、佐賀営業所開設。
2006年 9月、福岡西営業所開設。
2010年 4月、株式会社ヒラオカを平岡電材株式会社と社名変更。
2013年 4月、福岡市渡辺通りに電設営業部開設。
2015年 4月、福岡東営業所開設。
2018年 4月、朝羽営業所開設。
平岡電気